cover image

ヒット商品の生みの親は、マーケティングの専門家でなく「普通の人」。「Blabo!」が目指す”生活者が主役の共創社会”とは